変形性膝関節症

スライド3

症状

女性は男性の約4倍多く、高齢者になるほど罹患率が高くなります。

主な症状は、膝の痛みをみとめたり、水がたまったりすることです。

初期症状として、階段の下りで痛みを自覚するようになります。

末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になり、ロコモティブシンドロームとなる可能性があります。

 

原因

 

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。

 

主な治療

初期の段階では、薬物療法やリハビリテーションを行います。

疼痛に応じて、定期的にヒアルロン酸を直接関節内に注入します。

他に、足底版や膝関節の装具を用いることもあります。

歩行が困難となれば、観血的加療の適応となります。

治療の最終目標か、ロコモティブシンドロームにならないことです。

 

参考

 

自宅でできる簡単膝体操

 

ロコモティブシンドローム リハビリテーション